パチンコやスロットにハマってしまい、やめようと思ってもやめれなくて困っていませんか?

そんなあなたに効果的にパチンコをやめる方法を無料で全て伝授します。

僕は過去に借金をするほどのギャンブル依存症でしたが、いまはパチンコを完全に断つことができました。

パチンコ依存症から回復するまで、実際に僕がやった方法1つ1つを丁寧にご紹介していきます。

でも、なぜパチンコの止め方を教えるかって?

パチンコ屋にムカついているんですよ。

パチンコという馬鹿企業が、パチンコは娯楽で楽しいものという広告を大量に流し、たくさんの人にパチンコって楽しいものという誤ったイメージを植え付け、数え切れないほど多くの人生・貴重な時間・お金を浪費させ苦しめているクソな現実に。

パチンコをやめることができれば

もう毎月お金に困る生活をしなくて良くなりますし

有意義な趣味や好きな事、スキルを高める事に打ち込む時間もできます

何より人生の大切なお金と時間を浪費せずに過ごすようになれます

私もかつては給料日にはパチンコ屋に行き、数日で給料の大半を使ってしまい

貯金もできずお金を工面するために色々なモノを売って、次の給料日までカツカツの生活をするというのを何度も繰り返していました。

パチンコに行くために何十回も友達や家族に嘘をついたこともあります。

大負けすると「もうパチンコへは行かない」「絶対パチンコ辞める」と猛省し心に決めるのですが、少し余裕ができるとまたパチンコに行ってしまう・・・という負のループから抜け出せませんでした。

パチンコに費やしたお金は800万円以上ですし借金もありました。使ったお金の中には大切なお金(おばあちゃんから貰ったお金など)も含まれています。

パチンコに費やした時間は10年以上で合計1万時間はゆうに超えるでしょう

ですが、今はそんな生活はしていません。

本当にパチンコを辞めて心から良かったと思います。

あのままのいけば一瞬の快楽のために人生を台無しにしてしまうところでした。

パチンコを辞めることができるのは本気で辞めると覚悟した人だけです。

もしあなたがまだ少しでもパチンコをやりたいのなら時間の無駄ですのでスグに読むのをやめ、このページを閉じてください。

パチンコは人生をダメにします。

パチンコは人間をダメにします

人生を崩壊させてしまうようなパチンコ屋がごく普通に街中にあることも異常だし、そんな酷い場所を楽しい場所と錯覚させるような広告が流布されている現状はイカれていると思います。

今からでも遅くありません。楽しい元の人生を取り戻しましょう。パチンコ・スロットから離れてみれば間違いなくパチンコをしない人生の方が幸せと感じますから。

それでは僕がパチンコ・スロット依存から脱却した方法をご紹介します。

一緒に頑張りましょう。

スポンサードリンク

 

パチンコはなぜやめられないのか?なぜハマってしまうのか?

パチンコをどうやって辞めることができるのかをお話しする前に、

パチンコ・スロットなどのギャンブルがなぜ危険なのか、また今あなたがどういった状態にいるのか、を客観的に知ることがギャンブルを辞めるために凄く大切なので先にお話ししておきます。

パチンコはなぜ他の趣味等と違いやめることが難しいのでしょう。

不思議ではありませんか?

他の趣味であれば、飽きてしまってやめてしまったという経験があなたもあるはずです。

 

パチンコ・スロットの快楽は一度覚えると、もう消えない

なぜパチンコ・スロットなどのギャンブルをやめることができなかったり、飽きが起きないのか?

これには明確な理由があります。

それは「パチンコなどのギャンブルで数回勝ちを経験すると、脳が日常では経験しないほど強力な快楽を感じるようになる」からです。

人間は何か嬉しいことや楽しいことがあるとドーパミンとよばれる快楽物質が脳内で分泌されます。

人間はドーパミンがでると「あ〜気持ちいい〜」と快感を感じます。

パチンコで勝ったり大当たりをすると、このドーパミンが放出されます。

そして勝ったり・大当たりを何回も経験するうちに、ドーパミンが過剰に分泌されるようになる可能性があることが分かっています。これが依存症の状態です。

つまり普通の生活で経験するちょっとした喜びや楽しさの強さの刺激ではなく、依存症的な人はパチンコやスロットで大当たりがきた時には、大量のドーパミンが頭の中でドバーっと分泌されるんです。

これがパチンコにハマってしまう一番大きな要因です。

「またあの快楽を味わいたい」「パチンコに行きたい」

本能レベル、無意識レベルでもう一度この強烈な快楽を味わおうとしてしまうんです。

これがギャンブルの怖いところです。

 

ギャンブルの快楽は次第に耐性ができ、少額の勝ち負けでは満足できなくなる

だから、むしろギャンブルでは勝たない方がいいんです。

勝った金額が大きくなれば大きくなるほどちょっとした勝ちでは満足できなくなり、もっと快楽を得ようと投資する金額がどんどん膨れ上がっていくのです

少し僕の経験をお話しすると、最初はパチンコやスロットに1万円を使うのはかなり抵抗があったし、数千円〜1万円も勝てば満足していました。

しかし、数ヶ月経つと1回で平均3万円〜5万円ものお金を使うようになり、1万円程度勝つ位では満足できないようになっていました。

最初の頃は負けた時、心底後悔していたのに、しばらくすると「1万円ちょっとで負けが済んだなら安かったな〜」と金銭感覚もおかしくなっていきました。(1万円といえば大金ですよ)

こうしてパチンコやスロットなどのギャンブルは人間を知らず知らずのうちにのめり込ませ、依存を強くさせダメにしていきます。

辞めようと決意しても何度も何度もやめれなくなり、パチンコに行ってしまうのはこういった仕組みになっているんですね。

ですから、まずあなたはパチンコによって「依存状態」にさせられているということを自覚して下さい。

何年もギャンブルがやめたくてもやめれないという人はかなりやばい状態にいると思って下さい。

それでは、次にどうしたらそこから抜け出すことができるかについてお話しします。

 

パチンコ・スロットを辞める時は大負け・借金した時が最大のチャンス

パチンコやスロットをやめることができるタイミングは「今ココ」です

恐らくあなたはギャンブルで負けたり・借金をして心底やめたいと思いこのブログを読んでいるはずです。

このギャンブルで大負け・借金したタイミングでしかギャンブルをやめるタイミングはありません

「ちょっと勝ってからやめよう」なんて考えてはいけませんよ。

その考えでは一生経っても死ぬまで、いや死んでもギャンブルから抜け出すことはできないと断言できます。

パチンコ・スロットはやめるか、このままやり続けるかのどちらかしかないんです

だから今スゴく大事な時、チャンスだと思ってください。負けて最悪な気分かもしれませんが人生を変える好機です。

ギャンブルに勝ってしまうと「次も簡単に勝てるんじゃないか」「軍資金ができた」「ああ〜楽しかった」という気分になり自分を省みなくなり、またパチンコ屋に足を運んでしまいます。

しかし、負けた時は一旦立ち止まって「オレは何をしてたんだろう」「自分のバカ野郎」「もういいかげん足を洗いたい」と我に返ることができます。

例えるなら、あなたはこれまでギャンブルという汚水に浸かっていて、負けたことで今その汚水から頭を出して陸に這い出そうとしている状況です。

だからこのチャンスを逃さないで「今ココ」でやめる行動を起こして下さい

 

パチンコをやめる方法を教えるその前に・・・

パチンコのやめ方をお話しする前に、再確認して欲しいことがあります。

それは「本気でギャンブルやめる覚悟があるかどうか」です。

最初にも書いたので、またかよ・・・、早くやめ方教えろよ!、とウンザリするかもしれませんが、本気で、心の底からギャンブルから抜け出したいと思っていないのなら120%ギャンブルから足を洗うことはできません。

中途半端に「まあできればやめようかな〜」みたいな気持ちでは無理です。もしそうであれば、これから先は読まないで、ハッキリ言って無駄ですからページを閉じて下さい。

本気でやめたいと思い、しんどくなっても全力でギャンブルの魔力と頑張って戦う人しかパチンコをやめることはできません。

今から言うことを着実に1つ1つ守り実行し、強烈にパチ屋に行きたくなっても踏みとどまれる人のみがうまくいきます。

楽をしよう、ただ読んで「なるほど〜」と思って終わりにする人は一生経ってもギャンブル通いはやめれませんから。

少し脅かしましたが、本当にギャンブルをやめるのは「戦い」です。これから何度かギャンブルをしたい衝動が襲ってくると思います。

だからそれに打ち勝つ、やってやる覚悟がないと気合を持って臨まないと絶対にうまくいかないので確認をしました。

・・・・・・・

・・・・・

・・・

いいですか?まだ読んでいるということは本気でやめたいということですね。

それでは具体的に僕がパチンコから脱した方法を書きます。

 

パチンコ・スロットをやめる方法は「切り離すこと」「依存すること」の2つしか無い!

ギャンブルによる快楽を体が覚えてしまうと、もうそれをかき消すことはできません。

これはドラッグや麻薬などとよく似ていて、一度覚えてしまうと「本能レベル」「動物レベル」で体が覚えてしまうので、これはもうどうしようもありません。

ですが、パチンコやスロットをやめる方法がないわけではなく、やり方はありますので安心して下さい。

具体的にギャンブルをやめるアプローチとして

・パチンコやスロットをあなたから「切り離すこと」

・他の何かに「依存すること」

があり、この2つしかギャンブルをやめる方法はありません。

この切り離すこと、依存することを上手に使えばパチンコから脱却することができるようになれます。

では順番にどうやればいいのか詳しく説明します。

 

パチンコやスロットを「切り離す」ためにやるべきこと

まずはじめに行うのは、パチンコやスロットをあなたから切り離すことです。

これはパチンコの情報を出来得る限りシャットアウトしパチンコに行きたくても行けないようにして、パチンコからあなたを断絶するということです。

そんなこと知ってるし、これまで色々試したんだよ!という人も騙されたと思ってこれから言うやり方を本気で実践してみてください。

きっとこれまでとは違う結果が待っているはずです。

 

1.有り金は他人に全て預けろ

これはよく言われますしスゴく基本的なことですが最重要です。お金を持たないことがギャンブルから身を守る最大の防御方法なのです。

お金は貯金も含めて自分が引き出すことができるものについては全て信頼できる人に預けて下さい手元には3000円〜5000円程度しか持たないようにします。

預ける人は奥さんでも彼女でも両親でも誰でも構いません。何か理由をつけて全てのお金を預けて下さい。僕は持っていると無駄遣いしてしまうからと言って貯金通帳もクレジットカードも家族に全て預けました。

1人暮らしでお金やクレジットカードを預ける人がいなければ、必要最低限のお金のみ残し給料から天引きで定期預金などに貯金をし手元にお金を残さないようにするのがよいでしょう。(出来る限り他人に預けて欲しいですが)

数千円だと不安かもしれませんが、1万円を超える買い物をすることは日常生活ではそんなに無いはずです。

実際に、やってみるとそんなにお金使わなくても暮らせるなと思うはずです。また知らず知らずのうちに節約をする習慣も身に付き一石二鳥ですよ。

お金が1000円を切ったら預けた人に言ってお金を使った分だけ補充してもらいます。

お金を補充する時に他人を通すので、お金を毎回もらうことをためらう気持ちも生まれ、頻繁にお金を補充してもらうのも面倒くさいと感じ、自然とお金を使うことも抑制できるので、非常に効果的な方法です

まずは残っているお金を全て預けて下さい。今スグに!

明日からやろう、では遅すぎます

自分の意思を過信してはダメです。これまで何度となくギャンブルをやめることに失敗してきたのではないですか。意思ではなく物理的にお金の供給を断つしかないのです。

このタイミングを大事にして思い切って預けて下さい。

中途半端にお金を持っていると誘惑に負けてしまって、また元通りのギャンブル漬けのクソな人生が待っているのできちんと実行して下さい

いまあなたはギャンブルにハマった状態で、自分でお金をコントロールできる状態にはないんです。

OKですか?

良ければ、次のステップに進みます。

 

2.パチンコやスロットを徹底的に嫌悪しろ

スゴく大事なことですが、パチンコやスロットに少しでも良い考え方を持っているとギャンブルをやめることは絶対にできません。

「リラックスできる」「自分へのご褒美」「刺激をもらえるもの」「小遣い稼ぎができる」「楽しくてしょうがない」こんな考えが頭にあるうちは絶対にまたパチンコ屋に足を運んでしまうと断言できます。

パチンコやスロットなどのギャンブルから足を洗うためにはパチンコやスロットに関する情報を強烈に嫌いにならないとダメです

これは本当に重要なので強調してもしたりないくらいです。

心のスキマにスッとギャンブルは入り込んでくるので、お金だけではなく心にも鉄壁の防御を作るようにしないといけないのです

具体的にどうすれば良いのかですが、パチンコ関連の情報が頭に浮かんだりした時に心の中でそれらを拒絶する言葉を唱えるんです。

パチンコに関わる全てを心の中で嫌っていくんですね。(出来る限り強く)

(ここから汚い言葉を使っていくので、悪しからず)

具体的には、以下のような感じです。

・パチンコに行く人がいた=大馬鹿、クソ野郎、社会のクズ、

・パチンコ屋、パチンコの広告を見たら=クソ、人生を崩壊させる糞企業、寄生虫、廃人製造工場、人をダメにするゴミ

・パチンコの事を話してくる人=迷惑、邪魔、話しかけんな、死ぬほどアホだなコイツ、生きる価値なし、社会の底辺

・今日はパチンコしたら勝てるかもしれない=そんな訳ねーだろカス野郎どんだけパチ屋儲かってんだ、お前どんだけ負けてきたんだよクズ

・今日は頑張ったしご褒美にパチンコに行こう=どうしようもないクソだな、今までどんだけ約束破ってパチンコして色んな人に迷惑かけてきたんだよゴミクズ野郎

・勝ってからスロット辞めよう=まだそんなこと言ってんのお前は、やめるかやり続けるしかねーんだよ!まだ搾取されたいの?廃人にでもなりたいの?こんなことしてて良い未来なんて絶対くるわけねーだろクソ野郎

・・・・・

と僕の例で恐縮ですがこんな感じです。(一例でまだまだ沢山ありますが)

パチンコの話題を同僚が話しかけてきたら、心の中で「パチンコなんて、バカなもんまだやってんのか喋ってくんじゃねーよ」と、こんなふうに意識して思うようにしていました。こうやってパチンコに引きずり込まれるのを防ぐんです。

「こんなに汚い言葉で思わないでもいいんじゃない、アホらしい」と思った方もいるでしょう。」

でも、騙されと思って試してみて下さい。効果ありますから。

ギャンブルは頭の中で大当たりした時の快楽がほんの少しでも思い出されるだけで無性に行きたくなってしまうんです。

会話の中にパチンコの話題がでたパチンコの広告が新聞に挟まっていた、新台の情報がチラッと見えた、それだけでギャンブル依存症の人にとっては致命的です。

頭が勝手にパチンコの事を考えはじめ、どんどんパチンコ・スロットに行きたい衝動にかられるようになってしまいます

そんな経験はあなたもあるはずでしょう。

それを防ぐためにも徹底的に心の中で、パチンコやスロットを拒絶して下さい。考えてしまった瞬間すぐに。

パチンコ屋は糞企業、人を駄目にし殺してしまう違法会社、パチンコに行くやつは人生を無駄にするマヌケ野郎、パチンコの事を話してくるヤツは一回死んだほうがいい。

意識してやってみて下さい。最初はたいへんですし心苦しい気持ちもしますが、次第になれてきます。

僕を信じてがんばってみてください。

スゴく効果がありますから。

 

3.周りにあるギャンブルを思い出すものは全て処分

僕はギャンブルをやめると決意した時、パチンコやスロットに行く時よく着ていた服や帽子・メガネ、当たった時に吸っていたたばこなどを全てやめたり捨てました。

パチンコ屋の会員カードも少し残数やポイントがあったのですが、それもかまわず捨てました。

ギャンブルを思い出すような身の回りのものは全て処分してください。

それらが条件反射のようになっていてパチンコに行くことを助長してしまうからです。

僕はよく大当たりがくるとセットでマイルドセブン吸っていたのですが、タバコを吸いたくなると知らず知らずのうちにパチンコに行きたくなるようになっていました。

新しい自分に生まれ変わる気合や決意も込めて、パチ屋でよく着ていた服や帽子もローソンのゴミ箱に捨ててしまいました。

これには「大事な物など色んなものを捨てたりあれだけのことを辞めると決意してやったんだから、またギャンブルへは行きたくない」

と次にギャンブルへ行くことへの心の壁を高くする効果もあります。

 

4.強烈な目標をメモやスマホに書き、常に見れるようにしておけ

人間はついつい大事な目標でさえも、ふと忘れてしまうものです。

目標を書いて貼ったりスマホに書いておくといつでも思い出せるので、これもパチンコから身を守るのに効果的な方法となります

ただ目標を設定する時に2つ注意してほしいことがあります。

1つ目は目標に否定語を使わないということ。

どういうことかというと、「パチンコはやらない」「ギャンブルには一切行かない」など語尾に否定語をつけないということ。

なぜ否定語が良くないのか?

詳しく話すと長くなりますが、人間は否定語を使うとその逆のことを頭に思い浮かべてしまうんです。

「絶対にパチンコを思い出すな」なんて書いておくと不思議とパチンコを頭に思い浮かべてしまいませんか。

だから目標には否定語は使わないこと、

2つ目はできるだけ強烈な言葉や具体的な言葉を使ったほうが頭に残るので良いということ。

「ギャンブルをやめる」より「ギャンブルを人生から抹殺する」と書く。こうすることで記憶に残りやすい。

僕の場合は「ギャンブルを人生から永久追放せよ!」とスマホや紙にこそっと書いて思い出せるようにしていました。

目標を書いたりして家中に貼っておくことは家族がいたり周りの人がいると「パチンコを辞める」なんて貼っておくことはできないはずですよね。

だから自分が忘れないように財布に入れておいてもいいし、スマホに書いておいてもいいですね。

他にも每日目標を紙に書くことも、目標を忘れないようにするために効果的な方法ですから試してみてください。

 

5.それでもどうしてもパチンコに行きたくなったら黙って寝ろ

パチンコをやめて最初の頃は禁断症状が出てどうしても、無性にパチンコやスロットをしたくなる時が何回かやってきます

僕の経験からですが、パチンコやスロットをしたくなる強烈な衝動がやめてから1週間以内に必ずきます。

こんな時どうするか?

心がモヤモヤしたまま、いきたい気持ちが爆発しそうで結構です。

黙って寝て下さい

とにかく寝る。

これで何とかやり過ごすことができます。

目覚めたときには行きたい気持ちが収まっていたり、少しやわらいでいたりします。

時間によっては寝ることでパチンコ屋の営業時間をやり過ごすことができ物理的にもいけなくなるのでかなりいいです。

何回かモーレツにギャンブルしたい波が必ずきます。僕は5回以上大波がやってきましたが、黙って寝ることで何とか回避することができました。

スゴくキツイですが、何十回も乗り越えなければならないわけではありません。数回やり過ごすことができれば大丈夫ですから。

辛いのはその日だけで、超えてしまえば次の日には何とも思わない日々に戻れます。

ヤバイ時は僕を信じて、騙されたと思って寝て下さい。

 

6.パチンコのアプリとか低貸出は遊び半分でも絶対やるな

「パチンコのアプリはお金がかからないからこれをやってみよう」←だめです。

「低貸出のパチンコに金額を落としつつギャンブルを辞めよう」←無理です。

パチンコをやめる方法でアプリとかゲームのスロット、低貸出への移行を奨める人が結構いますが、はっきりいって逆効果です。

というかパチンコやってた人がパチンコ・スロットアプリなんてやったらまたパチンコを思い出すに決まっているじゃないですか!

低貸出も一緒です。しだいに元の高貸出を打つようになりますから。

悪いことは言わないのでやめて下さい。

というかそういったことを奨める人の話は信じないほうがいい、絶対ギャンブル中毒になったことがない人ですから。

僕は実際に無料アプリなどをやってたことあるんですが、ゲームをやっているうちに無性に行きたくなって本当キツかったんで。

きっぱりパチンコをやめるか、このまま一生やり続けるかの2つしか道はありませんよ。

だんだんと辞めよう、お金のかからないように徐々にギャンブルをやめていこうというのは無理です。

 

7.ギャンブルをやめるにはそれ相応の努力がいると知れ

率直に言って、一度パチンコやスロットにハマってしまうと、楽にギャンブルをやめることはできません。それ相応のギャンブルの魔力に打ち勝つための努力が必ず必要となります

長年ギャンブルをしている人で勘違いしている人が多いですが、楽して何かできるなんてことはまずないです。

やめるにはキツイこともありますし、我慢も必要です

パチンコ・スロットに行きたくなる強烈な衝動という山を、数回乗り越えなければ絶対にやめることはできません。

でも人生変えたいんでしょ!

何の生産性もない、こんな人生が続くなら死んだほうがマシでしょ!

お金に切迫した人生を送りたくないでしょ!

あなたはもっと有意義な価値ある人生を生きるべきです!

だったら乗り越えるっきゃありません。ギャンブルから足を洗い楽しい未来に向かって。一生懸命我慢して。

ギャンブルをやめるのは結構孤独な作業で、1人でギャンブルの魔力と戦わない部分も多々あります 。

しかし、ギャンブルをやめようと人知れず頑張っている人はあなただけではないですから、僕もかつてはそうでしたし。

辛いのはあなただけではありません。乗り越えてほしいですね。

スポンサードリンク

パチンコではなく他の何かに依存すること

パチンコをあなたから「切り離す」ことと並行して行わなければならないのが、他の何かに依存することです

上記の「切り離す」ことでお話ししたことを実践すれば、パチンコの魔力から強く防御を張ることができます。

ですが、これだけではギャンブルをやめるのに十分ではありません。ギャンブル依存状態から抜け出すにはもう1つ、他の何かに依存(没頭)することが必要となります。

言わば切り離しは「守り」であり、依存は「攻め」の戦略です。

 

なぜパチンコをやめるために他の事に依存すること(=没頭すること)が重要なのか?

何かに没頭している間は一切ギャンブルのことを考えなくてすみますし、趣味などが上達し楽しくなってくるとドーパミンが趣味によってだされるようになり、段々とギャンブルではなく趣味にハマるサイクルを作りだすことができるのです

「今日、パチンコ行きたいな」→「今日は趣味をしたいな」という感じに頭が切り替わっていくようになります。

パチンコが趣味で特に趣味ややりたいコトなんて無いという人も多いでしょう。というかこれをご覧の方は大半の人がそうかもしれませんね。

パチンコばっかりやっていた自分もそうでしたし。 苦笑

僕はパチンコをもうこれで辞めようと決意した最初の頃、とにかく隙間の時間を作らないようにやらなければならない予定を入れたりして、空いた時間を作らないようにしました。その他にも昔夢中になっていたゲームを引っ張り出してやったりもしていましたね。

そうこうしているうちに、読書やライターなどのルーティンワーク(趣味?)が見つかり、だんだんと趣味やゲームに没頭するいい流れができてきました。

最初はとにかく何でもいいので、没頭できるようなことやらなければならないことをどんどんと予定に入れることが大切です。

副次的に一生のルーティンワーク・趣味が見つかることもあるので、是非やってみて下さい。

とは言っても、中々趣味なんて簡単に見つからないと思っている人も多いので、どうやってやりたいコト・自分の趣味を見つけることができるのか、僕の経験も交えながら話してみたいと思います。

 

1.過去にハマっていた事をまたやってみる

僕は過去にストリートファイターという対戦ゲームにハマっていたことがあり、当時は休みの日になるとゲームをして毎回金曜日か土曜日は徹夜をしていました。

で、パチンコ・スロットをやめようと決意してから、正直飽きてやめたのであまり気持ちがノラなかったんですが、とにかくまたやってみようかとゲーム機を引っ張り出しネット対戦をやることにしたんです。

そしたら思いの他ハマってしまい、ゲームに没頭するようになりました。

次第にパチンコの事を考えるよりも、どうやったらストリートファイターのネット対戦で勝てるようになるのかを考えたりする方が楽しくなっていったんですね。

過去に何でもいいのでハマっていたことがある人はそれを試しにやってみて下さい。過去にハマっていたということはまたハマることができる可能性があるということです

あまり生産的なことでなくても構いません。ゲームだって特に将来役に立つかと言われればそうではないかもしれません。

大事なのは何でもいいのでまずはギャンブル以外に没頭できることをみつけることです。他の事にハマることでギャンブルの魔の手から逃れることを第一優先に考えて下さい。

パチンコから抜け出してから、生産的なことをやっても全然OKですから。

 

2.ずーっとやりたいと思ってきたことをリスト化し、やってみる

やりたい事をみつけるのに効果的な方法の1つに、自分のやりたいことリストを作るというのがあります。

これはあなたが少しでもやってみたり、行ってみたい、買ってみたいと思っているものを全て、紙に書き出してリスト化するという作業です。

僕がリストを作った時は100以上のやりたいことがリストにあがりました。

例えば

・読書を習慣づける(気になる本を片っ端から読む)

・次郎ラーメンの大盛を食べに行く(田舎に住んでいるので)

・黒のポロシャツを買う

・パソコンで絵を描く

・オーロラを見に行く

・・・・

などなどです。

ギャンブルで一回に使うお金は恐らく2〜3万円という方が多いのではないでしょうか?

それだけのお金があればリストの中の大抵のことは買ったり叶えることができますよ

オーロラを見に行くのはかなりお金が必要かもしれませんが、他の願いは2〜3万円もあれば叶えることができるものですよね。

こうやって少しずつ自分がやりたいことを叶えていくうちに、自分は何が好きなのか分かってきて、ついには本当にあなたにハマるものを見つけることができますよ。

僕は色々試した末に読書と文書を書くことが自分の好きなことなんだと分かりました。

自分のやりたいこと好きな事がわかると人生が本当に変わります。

「人生って面白いことなんて何もないんじゃないか」「何かつまんないしいつ死んでもまあいっかな〜」ってパチンコをしていた時思っていた自分もスキな事を見つけてからは、人生って充実感を感じて生きることができて楽しいんだなと思えるようになれました。

今生きている人生が全てではありません。きっかけがあればクリックしたかのように人生は驚くほど変わります。

あなたも自分に合ったハマれるもの見つけて下さい。探して行動していればきっと見つかりますよ。

というかリストの中に必ずあなたが「好き」なものの片鱗はあるはずですから大丈夫です。

 

3.リスト化してやったことはチェックしていくこと

先ほどのリストですが、リスト化して実行したことはチェックしていくと、楽しく続けることができます。

また、たくさんこなしていくと自然と充実した気持ちになることができます。

オススメは携帯のメモ帳などにリストを作ってチェックを入れることですね。どこでもチェックをつけることができますし、やりたいことをスグに思い出すことができて便利ですよ。

僕はiPhoneを使っているのでリマインダーとEvernoteにやりたい事リストを作ってチェックをしています。

Evernoteにざっくりとし大テーマをリスト化して、リマインダーに細かい今日やらないといけない日程などをリスト化しています。

自分で作ったリストが埋まっていくのはスゴくおもしろい作業です。

楽しんでやっていきましょう。

 

脱パチンコは協力者がいた方が良い理由!

もしもあなたがギャンブル依存から抜け出すことに協力してくれる彼氏彼女や夫・奥さん、友達、家族がいるのなら、恥を偲んでお金を預けたり、相談などして頼って下さい。

借金などがある場合は尚更です。

ですが、「ギャンブルを行かない約束をして破ったら5万円払う」などの中途半端な約束はしないほうがいいです。

なぜならあまりに約束を破った時のペナルティが低いと、ギャンブルをしたい衝動に駆られた時「約束を破ってもまたパチンコに行けるし勝てばいいや」という思考になってしまい、約束が逆にパチンコを行くことを助長してしまうことになることがあるからです。

その他にも旅行や出張などで他県に行ったとき、誰も知った人に遭遇する可能性が無い場合「約束を破っても絶対にバレないから今日ぐらいはパチンコをしてもいいだろう」という気持ちになってしまうこともあります。

だから誰かと約束してギャンブルをやめる方法は、中途半端にやると危険な方法であると個人的には思っています。

パートナーにお金の管理をしてもらう、パートナーとの予定を入れるなどそういったお願いはどんどんしていった方がいいですね。

僕は今でも嫁さんにお金の管理を全て任せていますし、最初の頃はギャンブルをしたい衝動に駆られたとき嫁さんとどこかのカフェに行ったりして遊んで時間を潰すようにしていました。

 

もう一度ギャンブルをやってしまったら「死ぬほどの代償」を払うことになる

次、もしギャンブルをやってしまったらあなたは死ぬほどの後悔と代償を払うことになります。

これは脅しでもなんでもありません。

ギャンブルをやめるチャンスは非常に少ないんです。1回逃してしまうともう来ないと思ってもいいぐらいです。

パチンコ・スロットを暫くやめていて、また打ってしまうようになると「リバウンド」といって常習性が前よりも高くなってしまい、さらに歯止めがききにくくなってしまうんです。

僕は昔に何度も「ギャンブル通いをやめようと決意→破る」というサイクルを繰り返したことがあります。

やめていて再度パチンコをやり始めると昔の感覚が戻ってきて、「一回約束を破ってしまったからもういいや」という最悪な考えにもなってしまいました。やめてから貯金していたお金も全て使い、気づけば数ヶ月で200万円単位まで負け額がいってしまったのです。

負け額が死ぬほど増え、底辺まで落ちてクビが回らなくなりはじめてようやく、目が覚め、やめなきゃいけないと我に返ることができるようになれるんです。

ですから、再度手を出してしまうと文字通り地獄をみますよ。

楽しい遊戯じゃないんですよ。パチンコとかスロットって。廃人を作り出す魔物なんですよ。

ほどよく趣味の範囲で遊ぼうなんて甘いですよ。

僕は心底失敗してそれを痛感しました。

あなたはそんな経験しなくていい。もうココで断ち切るべきです。

次またギャンブルをやってしまったら

・新しい人生を始めるチャンス

・有意義な趣味をする自分

・資格などを取得し経済的に成功する可能性

・大切な人(家族や彼氏彼女)と楽しく過ごす時間

・あなたの貴重な若い時代の数千時間

・・・・

こういった重要なものを全て投げ捨てることになりますよ。

これは誇張でもなんでもないんですよ。

真実です。

繰り返しますが、もう一度ギャンブルをしてしまったら1回が2回になり、3回が4回になりもう終わらないんですよ。

それぐらい今大事だと思って過ごして下さい。

必ず未来に「ああ、あんな時もあったけど頑張って乗り越えて良かった」と思える時がきますから。

 

最後に

ここまで僕がギャンブルをやめた方法について書いてきました。

パチンコやスロットなどのギャンブルは本当に怖くて恐ろしいものです。

ギャンブルから離れてみると何であんな危険なものが街中至るところにあるのか不思議です。

だっておかしいですよ。パチンコって借金してクビが回らなくなって人生崩壊して、年間数千人死者がでるようなものなんですよ。そんな危険なものが普通にあるのがおかしい。

本来であればスグに規制されてなくなっているはずですよね。

人が刺されたり、事故に会って死んだら普通TVで報道されます。

でもパチンコが原因で人が死んでも全くと言っていいほど報道されません。何故かというとテレビなど大手メディアのスポンサーにはパチンコがついていてパチンコに批判的な報道は自主規制がかかるのです。

メディアをパチンコ業界が牛耳っているから、死者が出ようが世間的に大きな問題にならないんです。狂ってます。

多分パチンコによって間接的に死んだ人を報道しだしたら每日パチンコのニュースでもちきりになるんじゃないですかね。

遊びじゃないでしょスロットやパチンコは。

遊びで死人でないですよね。

サッカーや野球したり遊園地行って遊んで人が死ぬことってありますか?

人を不幸に陥れるのがパチンコです。そこで働いている人なんてクズ以外の何物でもないですよ。

不幸な人を増やすために働いている、そんなところで働いても絶対に幸せになれないですよね。

本当イカれてます。この現状がまかり通っているのも異常だと思います。

あなたはギャンブルの魔の手から必ず逃れて下さい。

そして元の楽しい人生を取り戻しましょう。

何回も言いますが、

今ココでやめるか、パチンコ・スロットやってクソみたいな底辺の人生を死ぬまで続けるかの2択しかないんです。

パチンコ・スロットを続けてもあなたは決して幸せにはなれません。

ギャンブルをやめれば続ければ明るい幸せな将来が待っています

あなたの人生を「今ココ」から取り戻して下さい。